産業廃棄物関係業務

行政書士法人アクトブレインでは、産業廃棄物に関する業務も得意としております。

最も件数の多い収集運搬業(積替保管なし)だけでなく、積替え保管、処分場許可取得の実績があります。

また、一般廃棄物収集運搬業にも対応しておりますので、まずはご相談ください。

産業廃棄物収集運搬業

廃棄物を収集・運搬するのに必要な許可です。
事業活動を通じて発生する廃棄物が「産業廃棄物」となり、一般家庭から発生する廃棄物は「一般廃棄物」となります。

モノが同じでも排出元が違えば産業廃棄物/一般廃棄物となります。

産業廃棄物収集運搬業【積替保管なし】

取扱件数が最も多い許可で、「直送」と呼ばれることもあります。

収集運搬だけを専門にしている事業者もありますが、建設業を営まれている事業者がこの許可を併せて取得することも非常に多い許可です。

産業廃棄物収集運搬業(積替保管あり)

収集した廃棄物を一旦保管場所に積み下ろしたり、他の車に積み替えて処分場に運ぶことができます。
積替え保管なしに比べると、許可基準が大幅に厳しくなり、保管場所の条件など制約が多くなります。

産業廃棄物処理業

運ばれてきた廃棄物を処理するための許可で、中間処理と最終処分に分類されます。

中間処理

廃棄物を最終処分場に持ち込む前や、リサイクルを容易にするために、廃棄物を小さくしたり、選別したりすることがあります。
廃棄物を無害化したり、安定化させたりと重要な役割を担っているのがこの中間処理施設です。

許可の取得は、収集運搬に比べるとかなり時間も費用もかかります。

最終処分

中間処理施設で無害化、安定化された廃棄物を最終的に埋め立てたり、海洋に投棄して処分します。
「安定型」「管理型」「遮断型」に分類され、それぞれに必要な処分場の構造や埋立が可能な廃棄物には違いがあります。