経営事項審査

経営規模等評価申請・総合評定値請求というネーミングですが、一般的には「経営事項審査申請」と呼ばれ、「ケイシン(経審)」と言われます。

経営事項審査とは

公共工事の入札に参加する建設業者の企業力(企業規模など)を審査する制度です。全国一律の基準によって審査され、項目別に点数化された客観的な評価は、公共工事の発注機関が業者選定を行う際の重要な資料として利用されています。

経営事項審査申請

確定申告の終了後、経営状況分析の申請をするとともに、建設業法に基づく決算の「変更届」を提出した後建設業許可申請をした各都道府県に申請をします。

経審を受けられる条件

経営事項審査申請をするには、建設業許可を受けていることが必要です。

許可業者であるとともに直前2年の決算が確定申告済みであること、許可申請後の変更事項も変更届として提出してあることが求められます。

経審の有効期間

経審は、審査基準日(経審を受けた決算期)から、1年7ヶ月間有効です。

有効期限内に次の経審の結果が出ていないと公共工事を受注することの出来ない期間が生じてしまいます。

経審の申請手数料

受審業種数 手数料
1業種 ¥11,000
2業種 ¥13,500
3業種 ¥16,000
4業種 ¥18,500
5業種 ¥21,000
6業種 ¥23,500
7業種 ¥26,000
8業種 ¥28,500
9業種 ¥31,000
10業種 ¥33,500
11業種 ¥36,000
12業種 ¥38,500
13業種 ¥41,000
14業種 ¥43,500
15業種 ¥46,000
16業種 ¥48,500
17業種 ¥51,000
18業種 ¥53,500
19業種 ¥56,000
20業種 ¥58,500
以下、1業種追加ごとに +¥2,500
経審には、下記記載の「経営状況分析」を受けていることが必要です。

経営状況分析

経審を申請する前提として経営状況分析が必要です。
経営状況分析の手数料は、分析機関によって異なりますが、諸費用込みで10,000円~13,000円程度です。