社会保険

社会保険未加入企業の評点マイナスへ【経審】

社会保険未加入企業の経審の減点が厳格化されます。
これまでは、最大で120点(W点)減点とされていましたが、マイナスの値になった場合はゼロで計算していました。

これを今回の見直しで、マイナスの値はそのままマイナスの値として反映するとのこと。

経審の改正は、W点(その他社会性等評点)の評価項目が対象。現行制度では、W点の合計がマイナス値になっても「0点」とみなされるが、社会保険未加入企業への減点措置や、建設業法違反に対する減点措置を厳格化するため、合計値のボトムとなっている0点を撤廃。マイナス値をそのままの値で評価する。

日刊建設工業新聞[2017年7月26日1面]

社会保険未加入事業者は、入札に参加できない自治体が増えてきており、受注が獲得しにくくなっています。
今後は、経審のP点についても減点されることになり、さらに厳しい状況になっていきそうです。

経審のご相談は行政書士情人アクトブレイン

行政書士法人アクトブレインでは、経営事項審査申請のご依頼、評点アップのご相談などを承っております。