経審の評価基準見直しの動き【建設機械】

経営事項審査の評価基準が見直されます。

建設機械の保有状況

これまでは台数×点数(W点)でしたが、これを1台目から5点の加点へと拡大。小規模企業が建設機械を購入した際に1台からでも加点幅が大きくなりやすいように変更されます。

小規模企業には購入費用が評点を下げていたケースも

小規模企業には建設機械の購入費が負債となりY点の方が低下してしまうケースもあり、あまりメリットが感じられない加点評価だった点に配慮したようです。

最大15点までの加点という点に変更はありません。

経審評点UPのご相談は行政書士法人アクトブレイン

行政書士法人アクトブレインでは経審のご相談を承っております。