2級技術検定、全6種目を年2回実施へ

国土交通省は、2018年度から2級技術検定(学科試験)を全6種目で年2回実施することを決めました。

現在は土木・建築のみ年2回実施

現在先行して年2回実施されている土木・建築に加え、電気工事・管工事・造園・建設機械の4種目が追加されます。

1回目の試験は18年6月、2回目は同年11月(土木は同年10月、建設機械は19年1月)に実施されます。

なお、1回目の申込受付はいずれも18年3月、2回目は同年7月(建設機械は同年10月)に行われます。

学科試験だけなら高校在学中から受験可能

6月の1回目の試験に不合格となっても2回目の受験申し込みに間に合うよう、1回目の合格者は7月(建設機械は8月)に発表されます。

年2回化により、在学中に最大4回受験できる高校生はもとより、建設業に従事する社会人の方も合格の可能性が高くなります。

建設業許可のご相談は行政書士情人アクトブレイン